ハードオフのギター買取の口コミ評判と高く売る方法まとめ。

ハードオフ楽器の買取を依頼するなら楽器買取専門の買取業者に依頼を先ずは選択肢として思い浮かべる方も多いですが、一般的なリユースショップも選択肢として悪くありません。
何故ならリユースショップの方が専門の買取業者よりも使うメリットが多い事もあるからです。

その中でも全国展開しているリユースショップである、ハードオフに買取を依頼したらどのようなメリットがあるのかは気になるポイントです。このポイントを中心に、今回はハードオフでのギター買取について解説していきましょう。

人気No.1!楽器の買取屋さん【最速30分で無料出張買取】
ネットの楽器買取で10年以上の実績がある会社で、楽器に精通した査定員に査定してもらえます。ネットならではのスピード感で、申し込みから最短30分で訪問、そして最短2時間で現金支払いが完了します。管理人である私自身実際に出張査定をしてみたところ、他社の査定額32,800円の楽器を65,000円で売ることに成功しました!楽器を売るか考えている人は一度無料の出張査定をしてみるといいかもしれません。
  • 出張・配送・査定手数料無料
  • ギター・管楽器・鍵盤楽器など豊富な買取品目
  • 管理人の例:他社32,800円査定のギターが65,000円

楽器の買取屋さんはこちら

関連記事楽器の買取屋さん(ギター買取)の評判から分かるおすすめな理由5つ

ハードオフのギター買取(売却)の口コミ評判は?

男性
男性
安すぎて笑いました。

種類Maison LesPaul
購入金額3万円
経過年数4年
買取業者ハードオフ
買取査定額10円

 中学3年生の時に初めてギターを買いました。緑色のレスポールで一目惚れしてAmazonで注文しました。

一度もギターを握ったことがなかったですし、まだその時は中学生だったため2万、3万でも、かなり高く感じた覚えがあります。その商品は初心者用セットで販売しており、3万円ぐらいだったと思います。そこから高校卒業するまで愛用してました。

その後部活が忙しくなってきて弾かなくなり、卒業後は専門学校に通うため一人暮らしをするのでギターを引き払うことになりました。

かなり愛用していましたし、インテリアとして飾るのも良いなと考えてもいたんですが、なんせレスポールだったので重くて引越しの邪魔になると思いリサイクルショップに持って行くことになりました。

その後、もうギターを手放すというのに少しでも高く売れる様にと綺麗に拭いて、弦を張り直し、リサイクルショップのハードオフさんに向かいました。

元々が安かったのもありますが、結果努力も虚しく、10円という100円にもならずに買い取られました。さすがに安すぎたので一瞬悩みましたが重かったので売りました。(笑)

ブランド物じゃないセット商品のギターは価値ゼロなんだなと痛感しました。(笑)

ハードオフのギター買取(売却)のツイッターの口コミ評判は?

ハードオフのギター買取の価格相場は?

経過年数(10年未満) 経過年数(10年以上~20年未満) 経過年数(20年以上~30年未満) 経過年数(30年以上~)
弦楽器※1 250,000円~480,000円 150,000円~250,000円 54,000円~150,000円 22,000円~54,000円
管楽器※2 500,000円~800,000円 300,000円~500,000円 150,000円~300,000円 55,000円~150,000円
電子楽器 25,000円~60,000円 0円~25,000円 0円 0円

※上表の価格は当サイトの口コミなどから集めた情報であり、買取価格を保障するものではございません。
※1アコースティックギター、エレキギター、ベースなど
※2サックス、フルートなど

ハードオフよりも高価買取する可能性を上げる方法!

欠品や破損等で状態に難有りな楽器や専門業者でも買取している事が少ない楽器でも買取条件を満たしていれば、基本的に買取してくれるハードオフは売って処分前提であればおすすめです。

しかし、少しでも高く買取をしたいと検討中なら他の買取業者、特に売ろうとしている楽器の買取に精通した専門の買取業者にも見積もりを出して相見積もりを行う事です。

確かにハードオフは楽器買取しており買取対象も多いので利用するメリットはありますが、価格については専門業者と価格を比較すると低めになってしまう事もあります。

楽器の買取となると専門知識も必要な以上は専門業者なら見逃さない部分も見逃してしまう可能性もあるので、楽器専門の買取業者にも買取見積もりを出した方が良いです。

その中でも「楽器の買取屋さん」ではハードオフ並に買取可能な楽器の種類は多く、電子楽器も買取対象としています。

査定についても店頭以外にも買取依頼する前に気になる際にはオンライン査定が用意されているので、こちらを介して値段を先に調べる事も可能です。

出された買取価格も実物と見積もりでは情報に差異が出る可能性も考慮した上で付けられるので、査定では高くても実際に買取依頼したら状態が違うを理由に価格が下げられてしまう事は滅多にありません。

同じ買取でも楽器の買取屋さんなら査定後の価格変動が出る可能性が低いので、ハードオフ以外にも買取先の候補を見つけたい時やハードオフでの買取に拘っていなくて高価買取出来る業者に買取を依頼したい時にはおすすめの買取業者です。

ハードオフのギター買取の特徴は?

ハードオフは家電やゲーム機等、数多くの商品を取り扱っているのが特徴ですが、楽器も買取対象として扱われています。

主にギター買取をメインとしていますが、純正品のみならず純正パーツを使わずにアップグレードパーツを用いてカスタマイズされた物も基本的には買取対象として扱ってくれます。

純正パーツが少なければ少なる程減額の対象になるデメリットは少なからずありますが、カスタマイズしてあるからと言って買取不可になる事はありません。

また、弦が張っていないギターやネックが折れているギター等の状態に難有りなギターでも無事な部分を元に査定してくれるので、少なからず値段は付けて買取をしてくれます。

ギターは持っていても本体ではなく、ギターのケースしか手元に無いと言う状態でも同様にケースのみで査定買取をしてくれます。

ハードオフではギター以外にも金管・木管楽器や打楽器等の楽器に加えて、和楽器や民族楽器の買取も可能です。また、一部の店舗だけですが、アコースティックピアノやエレクトーン等も買取しています。

こちらの楽器でも電源アダプター等欠品や破損が見られても、無事な部分を元に査定買取は行ってくれます。

ローンが残っている楽器や音楽制作ソフト(ライセンスや動作確認が取れない為)、象牙を用いた楽器(種の保存法の関係上買取不可)等の買取不可の条件を満たしていなければ、殆どの楽器はハードオフでは買取出来ると言っても過言ではありません。

ハードオフので買取方法は店頭買取や専用アプリを用いて買取希望の商品を出品して買取のオファー買取を基本としていますが、お店が行くのが難しい人向けに出張買取が用意されています。

出張買取はハードオフのスタッフがご自宅まで伺い、その場で買取手続きを行ってくれます。

買取成立後は代金と引き換えに楽器の引き取りも行ってくれるので、近くにお店はあっても運び出しが困難な時にはこちらの買取方法をハードオフの方でも推奨されています。

楽器となると大型車やトラックじゃないと車に積めない事態が出るのも珍しく無いので、希望日の予約を入れるだけで買取手続きのみならず、現金の受け渡しも買取後の引き取りも当日中に行ってくれる出張買取は手間が少なくなる意味でもお得です。

ハードオフの会社情報詳細

会社名 株式会社ハードオフコーポレーション
本社所在地 〒957-0063 新潟県新発田市新栄町3丁目1番13号
設立 1972年7月
事業所(支店) 900店舗以上
代表者名(社長名) 代表取締役会長 山本善政
代表取締役社長 山本太郎
電話番号※カスタマーサービス 0254-23-8102
公式URL https://www.hardoff.co.jp/
事業内容 買取→生産(再生)→販売
商標/特許
関連会社 株式会社ハードオフファミリー
株式会社エコプラス
リンクチャネル株式会社
古物商許可証 新潟県公安委員会許可 461060001043
中古楽器の輸出先 オンライン、国内外
買取対応エリア 全国
アルバイト・求人情報 ハードオフの求人情報一覧

参考:ハードオフ公式ホームページ

関連記事

  1. TC楽器の楽器買取(ギターなど)の口コミ評判や特徴とまとめた結果。。

  2. 【まじ?】タカミツ楽器のリアルな口コミ評判から分かる特徴7つ

  3. 新潟にあるあぽろん(楽器買取)の評判や特徴※長岡や三条など6店舗紹介

  4. 三木楽器の楽器(ピアノ・ドラム・ギター等)買取の口コミ評判はどう?

  5. 楽器買取(大阪)のおすすめ業者4選!あと楽器を高く売る方法も。

  6. 島村楽器のピアノ・ギター買取は最悪or最高?【口コミ紹介】